債務整理すると今後の生活への影響はどの程度?

債務整理すると今後の生活への影響はどの程度?

債務整理すると今後の生活への影響はどの程度?

債務整理すると借金が少なくなる、もしくは帳消しになるという凄まじいメリットが存在しますが、対してデメリットは多くの人が思っているほど大きくはありません。ただし保証人が存在する場合のみ、保証人に対して大きな影響をかけてしまうので債務整理は慎重にしたほうがいいでしょう。それ以外の場合ですとたいしてデメリットは存在しないため、毎月の返済でほとんど元金が減らないような場合は多くの場合債務整理するのがお勧めです。
具体的にはまず信用情報機関の事故情報へ登録されます。これは例えば貸金業者からお金を借りる際や車のローンなどを組む際に各業者から問い合わせられるものであり、ここに登録されていた場合には信用があまりない人物とみなされ、審査に落ちる可能性が多く上昇してしまいます。これは保証人がいない場合に債務整理するときに発生する最も大きな影響といえるかもしれません。とはいえ必ず審査に落ちてしまうわけではありませんし、事故情報に登録されている期間も5年~10年で済みます。
自己破産や個人再生を行った場合は官報公告と呼ばれる国の広報誌で報道されます。しかし多くの人は名前すらしらない広報誌であり、基本的に身内の方などにバレる心配はありません。さらに自己破産の場合のみ一部職業に就くことができなくなってしまいます。しかし本当に極々一部の職業だけであるため、大抵の場合影響はありません。
そして債務整理するときの最も大きな影響と思われるのが保証人への影響です。債務整理によって本人の債務は免責になりますが、代わりに保証人に対して債務が発生してしまいます。

借金解決の2ステップ

無料診断を試す
簡単な質問に答えるだけで、
  • 過払い金はある?
  • 減額は出来る?
などがわかる匿名・無料診断シミュレーターを利用してチェックしてみましょう!
⇒無料シミュレーターはこちらから
無料相談を利用する
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ