債務整理の連帯保証人について【返済方法のまとめ】

債務整理の連帯保証人について【返済方法のまとめ】

債務整理の連帯保証人について【返済方法のまとめ】

最初は軽い気持ちで借り入れをしてしまい、気がついた時には利息が膨らんでしまい借金が返済できなくなった状態になってしまい、どのようにして良いか分からない時には債務整理を行うことで、借金の悩みが解決することが期待出来ます。
しかし、借り入れをする時に連帯保証人になってしまった方の場合、借金をした人がなんらかの理由で返済が出来なくなった時には、連帯保証人が返済をしなくてはならない為、借金整理の方法を考えなければならない場合が出てきます。
連帯保証人として債務整理をする方法もあり、金融機関との間でうまく話し合いがつけば分割で返済ができることもありますが、一般的には連帯保証人は一括返済をするようになっています。
もし一括返済ができなければ、債務整理の方法を考える必要があり債務整理には任意整理、民事再生や自己破産などといった、主に3つの手続きがあります。
債務整理の手続きの依頼後より、支払いや取り立ても直ちに止めることもできるので、借金の連帯保証人になってしまい借金をしてしまった本人に返済が出来なくなってしまった場合は、借金の専門を取り扱っている法律事務所などを依頼して、どのような手段をすることによって解決できる方法があるのかなどを、相談することでトラブルを緩和し解決へと行うことができます。
身内や親しい方などの連帯保証人にならないことが、後々の返済時にトラブルに巻き込まれることもなくなるので、保証人には気をつけることが重要です。

借金解決の2ステップ

無料診断を試す
簡単な質問に答えるだけで、
  • 過払い金はある?
  • 減額は出来る?
などがわかる匿名・無料診断シミュレーターを利用してチェックしてみましょう!
⇒無料シミュレーターはこちらから
無料相談を利用する
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ