債務整理をするとデメリットはどんなこと?~必要な知識は?~

債務整理をするとデメリットはどんなこと?~必要な知識は?~

債務整理をするとデメリットはどんなこと?~必要な知識は?~

多重債務を解決する方法として債務整理というものがあります。債務整理にもいくつかの手段があり主なところで自己破産.任意整理.特定調停等があります。とりわけ債務者自身の収支状況から判断して解決方法を探りますが継続した支払いが困難な場合は自己破産を裁判所に申し立てる事になります。裁判所からの認定が下りれば残債務は免責され債務者ににとっては精神的にも経済的にも負担は激減します。ただデメリットもあり私有財産はすべて没収されてしまいますし数年間は通称ブラックリストと言われる情報が信用情報機関に登録される事になります。弁済可能であるならば弁護士及び裁判所機関の調停を用いて行う任意整理を行います。出資法改正以前からの借り入れはすべて利息制限法上限金利である18.0パーセントで取引が引き直されるので過払い金が発生する事も少なくありません。それらの債務をすべて計算し直した上で残債務を確定することになり金融業者との話し合いの中で今後の支払い方法が決定されていきます。こちらも大幅な減額が見込まれますので債務者にとっては随分楽になるはずです。自己破産と同じく事故情報は登録されるので以後数年間は金融機関からの借入は困難になると思われます。こういった手段は多重債務を抱えた人への救済として法で定められています。

 

個人再生のことならココ。

借金解決の2ステップ

無料診断を試す
簡単な質問に答えるだけで、
  • 過払い金はある?
  • 減額は出来る?
などがわかる匿名・無料診断シミュレーターを利用してチェックしてみましょう!
⇒無料シミュレーターはこちらから
無料相談を利用する
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ